12/26 10:00 DX Labo初のDX本「マスタリングDX 入門編」の電子書籍を発売しました!

実践的に使える本を目指して書き上げた、DX解説本の入門編

企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進する部署に所属する、 専門分野が全く違う3人が集まって、実践的に使える本を目指して、DX解説本の入門編を書きました! DXの考え方とUX、社内ITとテクノロジー、企業ファイナンスの3分野が一気にわかる、 一般的なDXを解説する本とは一味違う本になっています。

著者紹介

Raika Tana

DX ストラテジスト、UX Expert。単なるツールの切り替えやデジタル化ではなく、本質的な DX を全社にどう根付かせていくのか、Technology x UX の両面を重視した独自の施策を展開する。特に、Google Workspace の利活用を得意とし、データ、クラウド、AI といった新しい IT 技術を通じて企業文化・風土の変革と企業の競争優位性を確立する方法について Enterprise 企業向けにさまざまな登壇を行う。ヒュッゲ (HYGGE)な暮らしとワインが好き。Twitter: @raikakei

本書では主に 1 章と表紙の制作を担当。

Kazutaka Akiyama

新卒で家電メーカー情報システム子会社に入社し、認証・メール・ネットワーク等の IT インフラを管理。現在は企業で働く人が持てるポテンシャルを最大限に発揮し才能を開花 させることができる環境を作るべく、単なる IT ツール導入ではなく業務を理解し一緒に Transformation していく活動をし、経理システムの DX ペーパーレス化事例で登壇を行 う。趣味は登山と子供とスタンプラリー巡り。 Twitter: @ishizuti

本書では主に 4 章と締切アラート係を担当。

Kuma Arakawa

ソフトウェアエンジニア、SRE、テクニカルアドバイザー(技術顧問)であり、Google Developers Expert(Cloud, Google Workspace)。技術的/開発的側面から、またチーム、 文化、組織的側面から大規模なアプリケーションを構築する方法を構築する、アプリケー ションのモダナイゼーションのスペシャリスト。また、技術顧問として会社のデジタル 58 付録 著者紹介 トランスフォーメーションを推進する部署にも所属。技術的および組織的に大規模なアプ リケーションを作成することの困難さに取り組む方法の哲学についてや、組織に変革を起 こす DX について講演する。 Twitter: @kumakumakkk
Web: https://kuma.bio

本書では主に 2 章、3 章とその他雑用を担当。